top of page
  • kondo658

私たちの仕事(未登記建物)




ずっと以前からあった建物で実は登記されていなかった、これを未登記建物といいます。建物と土地を一緒に売ろうと思って不動産やさんに相談したら、おじいちゃんが建てたお家は未登記建物だった、よくあります。また、この4月から始まった相続登記義務化を知って、相続登記しようとしたら未登記建物だった、これもよくあります。

そういう時、土地家屋調査士の出番です。不動産やさんや相続登記をする司法書士の先生から相続を受けることも。現在の所有者にお会いして色々ヒアリングし、建物を測ります。こういう場合、図面がないことが多いので細かく現場確認が必要です。また、既に亡くなってる方が最初の所有者のことが多いので、相続書類も必要になります。登記に必要な書類準備に時間と手間がかかります。まだまだ登記ってよくわからない、と思われる方は多いと思います。土地家屋調査士、司法書士、行政書士、税理士などいろいろな分野の専門家が相談にのってくれると思いますので、子供や孫のためにも行動してみてはいかがでしょうか。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page